京都のデザイン事務所 【 キコデザイン/ kico design 】 + Links_パーマカルチャー +

spacer_20.png
spacer_20.png
kico designは京都と仙台を拠点とするグラフィックデザイン事務所です。

ロゴ.jpgロゴ.jpg
spacer_20.png
spacer_20.png
spacer_20.png

Links

spacer_10.png
ここではkico designのおすすめの本や、つながりのあるものや活動、興味のあるものなどを紹介していきます。

パーマカルチャーセンタージャパン

日本でパーマカルチャーを学べるところと言えばこちら。泊まりでのパーマカルチャーデザインコースや、単発でのイベントも行っています。他、以下の地域でも学べます。
●パーマカルチャー関西
●アースガーデン
●沖縄パーマカルチャーネットワーク
●パーマカルチャーネットワーク九州

l_PCCJ.jpgl_PCCJ.jpg

パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン

日本で一番始めに出版されたパーマカルチャーの本です。パーマカルチャーの体系を作った生物学者のビルモリソンの著作の翻訳版です。私が興味を持ち始めた時はこの本しかなく、割と大きな本ですが、1年間のニュージーランド滞在にも持っていきました。以下の本は、日本で出版されているパーマカルチャーの本です。日本でパーマカルチャーを実践するにはやはり同じ気候の事例が載っている本の方が参考になるかと思います。見てるだけでわくわくします☆


自然農法わら一本の革命  福岡 正信

自然農は、パーマカルチャーとはまた別のカテゴリーですが、相互に共通する部分もあり、自然農とパーマカルチャーを組み合わせたやり方を実践されている人も多い気がします。私はこの本をニュージーランドのレインボーバレーファームに滞在していたときに読みました。実際、向こうでも知っている人は多く、福岡さんは砂漠の緑化でも大きな功績を残しています。この本を読むと、本来は自然はわたしたちに余るほどの恵みをくれていたのだと思います。経済優先の農法で変えられてしまった土地を本来の自然の状態に戻すこと、そういった政策ができる文化を取り戻すことがわたしたちが存在し続けられる方法ではないでしょうか。


リンゴが教えてくれたこと 木村秋則

だいぶ有名になったのでりんごの木村さんの本は何冊もでていますね。こちらは本人が書いた著作です。本当に奇跡のようなお話です。涙なしでは読めません。誰も農薬なしでリンゴを育てている人がいなかったことにまずびっくりしたのですが、誰もできなかったことを周囲の冷たい反応の中成し遂げ、広めていることに拍手を送りたいです。彼の農法が広まることで、少なくとも彼を支持して農法を変えた農家の分、地球が元の豊かな自然に戻っていくのです。


00_home.jpg00_home.jpg
00_profile.jpg00_profile.jpg
A3.jpgA3.jpg
A4.jpg
A5.jpgA5.jpg
A6.jpgA6.jpg
A7.jpgA7.jpg
A9.jpgA9.jpg
A10.jpgA10.jpg
A8.jpgA8.jpg
A00.jpgA00.jpg
A11.jpgA11.jpg
A12.jpgA12.jpg
A13.jpgA13.jpg
A14.jpgA14.jpg
A15.jpgA15.jpg